長く残る宣伝媒体|オリジナルうちわを配るメリットを紹介

昔ながらの看板の宣伝効果

看板

条例を調べて許可を申請

立て看板というのは昔からある古い宣伝方法ですが、実はネットを利用した広告よりも効果的な場合があります。それは立て看板を見た人を集客できるという効果です。例えばお昼に何を食べようか迷っている人を、ラーメン店の看板によって集客につなげることができます。このように通りがかりの不特定多数の人を呼び込めるという効果が立て看板にはあるのです。立て看板は自分でも作れますし、専門の会社に制作を依頼することもできます。どちらの場合も宣伝効果のわりには安いコストで作ることができます。大きさにもよりますが、集客率の高い場所に設置できます。作り方によっては簡単に取り外して、別の場所へ移動させることもできます。このように立て看板は使い勝手が良いというメリットもあります。立て看板を設置する前には、準備として地域の条例を調べる必要があります。基本的に道路に立て看板を置くことはできませんが、条例で可能な場合もあります。その場合は立て看板の大きさなどの規格が決まっているので、事前に調べてその大きさに適合するように制作します。警察署に占有申請を出して認められれば、立て看板を出すことができます。申請が認められなかったり、申請しないで勝手に置くと強制的に撤去されます。また自治体によっては占有料が発生する場合もあるので、事前に確認します。注意が必要なのは強風の時に看板が飛ばされて、人的被害や物損被害を引き起こす場合です。そのようなことの起こらないように万全の安全策を講じることも大事です。